自分好みの車に仕立てよう!

自分好みの車にカスタマイズすることは、他の人とは違った個性のある自動車に仕上げることができます。しかし、装着する部品によっては違法とみなされてしまうことも多々あります。そのため、公認取得のために登録変更をしている人もいます。公認になると通常のナンバーとは違ったナンバーになるのです。例えば8ナンバーを取得した自動車は特殊用途自動車での登録となり、車検証にも特殊と記載されます。

 
このナンバーは、法改正前には保険適用の部分や車両継続検査などの面で優遇措置を受けることができたのですが、登録後に基準の装備を外して走行するなどの違法行為が発生していたために、法改正がされ審査基準が厳しくなりました。8ナンバーへの改造には、各用途に必要なパーツの取り付けをしなければならないのですが、それらのパーツを外して登録審査を受けていたのです。

 
違法な変更や法規制の範囲内であれば、構造変更等の必要な申請をすれば自分好みの自動車に仕上げることは可能です。現にモーターショーなどで展示している自動車もナンバーを取得できる車両が展示されています。車両継続検査時にだけ戻すような違法行為を行うのではなく、法律の厳守をしっかりと行うべきです。

 
審査基準をしっかりと厳守してカスタマイズを楽しむことは、車好きにとってはとても楽しい趣味なのですから。家族03

コメントは受け付けていません。