Author Archive

レース用エンジンに積み替える時にはタコメーター

車の運転席に取り付けられているメーターには主に速度計と回転速度計(タコメーター)があります。速度計は車の巡航速度を知るためのもので、スピードを出しすぎないためにも重要なメーターとなります。また回転速度計というのは、エンジンの回転数を知るためのメーターです。これを見ることで、効率の良い回転数を維持したり、いわゆるレッドゾーンという限界の回転数を超えないようにすることができます。

 

 

 

ただ、速度計のついていない車はありませんが、回転速度計がついていない車はけっこうあります。コスト削減のためでしょうが、あまりスピードを出さないでゆっくり安全に走るようなタイプの車に、回転速度計がついていない場合が多いです。逆に高回転型のスポーツカーにはなくてはならに必須アイテムになります。スポーツカーの中には、速度計よりも回転速度計のほうが大きく真ん中の一番見えやすい位置に取り付けられていることも少なくありません。

 

 

 

また、レース用エンジンに積み替えような場合には、さらに感度の良い回転速度計を後付けすることも珍しいことではありません。それだけ重要なメーターであり、見る頻度が多くなるということです。なお、回転速度計には機械式とデジタル式、さらには電気式、ステッピングモーター式などがあります。}PgžxQ

自分でも取り替え可能!電装パーツ

}PgžxQ自動車用品が飛躍的に機能などが向上している状況で、近年では電装パーツ類も非常に充実しています。

 

車外用として利用することのできるものから、車内用として活用できるものまで幅広く用意されているものを見ることができ、例えばルームランプとして車内には数多くの場所に設置されているものがあります。

 

ノーマルの状態では、一般的な白熱球のようなカラーの電球が使用されていることが多いものですが、ドレスアップの一つとしてルームランプをLED電球などに変更することが可能となりました。

 

非常に色温度が高いものとして知られており、車内の雰囲気を大きく変えることができます。

さらに優れているパーツとしてフルカラーテープというものも用意されています。

 

主にLEDの技術を用いているものになり、テープ状のシートをドアの縁やシートの下、ダッシュボードの下部分など、好みによって自由に貼り付けることができます。

 

このタイプの電装品の場合では、消費する電力も少ないものなので、バッテリーに負担を掛けることなく利用できるメリットを持っています。

現在ではLEDを利用しているアイテムが増加傾向にあり、アイデア次第では非常に広範囲にわたって使用することができ、幻想的なドレスアップを施すことができます。

スポーツ車カスタムの醍醐味!給排気系パーツ

いわゆるスポーツ車と呼ばれている車種の中にはターボを搭載している状態の自動車が多い傾向にあります。

 

現在では自然吸気による自動車がメインとして製造されているのですが、スポーツ車の中にはまだターボ車が存在しています。

 

}PgžxQ所有されている方の中には、ドレスアップの他にも給排気系のカスタムを行っている方も多く、全国にも愛好家が数多く存在しています。

 

実際にどのようなカスタムが行われているかと言えば、最も簡単に行うことのできる内容としては、マフラーを交換する方法が用意されています。

 

純正品のタイプよりも排気効率に優れているものが用意されているために、エンジンの回転数に合わせたドライビングを十分に楽しむことができます。

 

現在ではチタン製など素材にも優れたものが販売されており、性能だけではなく見た目上のドレスアップ効果を合わせ持っているものとしても知られています。さらにターボ車の場合では、タービンを交換する場面もあります。

 

主にブースターとセットとして交換することが推奨されているものになり、高い風量を持っているタービンに交換することによって、自動車の元々のエンジンの能力を最大限に引き出すことが可能になり、馬力が向上することになります。

自動車をオシャレに!エアロパーツ

}PgžxQ以前と違い最近ではドレスアップにより個性を表現する人が増えていますが、ドレスアップには機能性を追求したものと、単純に見た目だけを追求したものがあります。

 

さらに機能性と見た目の良さを両立するパーツもありますが、その代表格がエアロパーツとなります。

 

ノーマルボディに取り付けるだけでボリューム感を増す事ができますし、車高を下げた場合にはワイドアンドローの迫力のあるスタイルの作ることが可能です。

 

名称からもわかる通り、本来はドレスアップではなく空気抵抗を少なくして走行性能を向上させることを目的としていますが、同時に見た目の良さも実現できるのです。

 

純正品もオプションで選べますが、純正品では機能的な面よりもドレスアップを目的としている物が多くなっています。

 

一方で社外品の場合には高性能なものから見た目だけの物までたくさんの種類があります。

 

空気抵抗を利用して走行性能を高めることが目的ですから、デザインと共に性能を重視して選ぶことが大切です。

 

販売メーカーによって性能に関する考え方が異なるため、ドレスアップを中心にしているメーカーよりも、チューンナップを目的としているメーカーの商品を選んだ方が、性能とドレスアップの両立ができるのです。

格好よくスポーティに決める!サスペンションとブレーキ

どのような車種であってもサスペンションとブレーキを交換して、車高を低く設定することによって、格好良くスポーティな自動車のイメージに変えることができます。

 

近年では大きなサイズのアルミホイールにインチアップを行う方も増加傾向にありますが、その中には同時にショックなども交換してスプリングも、いわゆるダウンサスに交換することによって、見た目上としても良質なセッティングにすることができます。

 

ダウンサスの多くは純正品よりも固めに設定されているものになるために、スポーティーな走行を実現することも可能とされています。

 

また、ブレーキに関する内容であっても、高性能なパッドに交換することによって、スポーツ走行に向いているセッティングを行うこともできます。

 

ドレスアップ的な効果を持たせるためにはキャリパーやディスクなどを交換する方法も用意されています。

 

社外パーツとして用意されているキャリパーの場合では、ダウンサスと同様にメーカーによって独自のカラーリングが施されているものが多い傾向にあります。

 

そのため、セッティングを行った後にはアルミホイールの隙間から変更したパーツ類が目視で見ることができるようになり、大きなドレスアップの効果を持たせることができます。子供02

スポーティーパーツの特徴について

エアロパーツは車をスポーティーに変える効果があります。見た目がかっこよくなるのはもちろんのこと、走りも直進及びコーナリングの安定感が増すようになります。

 

 

エアロパーツは主に三つの部分からなっています。フロントの下部に取り付けられるフロントスポイラー、ボディのサイド下部に取り付けられるサイドスポイラー、そしてリアのトランクやルーフに取り付けられるリアスポイラーです。これらのパーツによって、走行中の空気の流れが変わります。簡単に言うと、空気がボディの上下に流れ込み、車を下に押し付けるような力が働くように計算されています。車が下に押し付けられると車が地面に吸い付けられるようになり、車が安定し、コーナリング性能が上がるのです。ちなみに、逆にボディを下から上に押し上げるようになると、飛行機のように浮き上がるようになり車は安定しません。

 

子供01

また、エアロ関係のパーツだけでなく、マフラーを変えるのも効果的です。エンジンの吹け上りが良くなったり、後方からの見た目も引き締まったり、排気音も刺激的になったりします。ただ、マフラーを交換する際には、その車のエンジン特性にあったものに交換しないと逆効果になることがあるので注意しましょう。

改造する箇所は1つづつ順番に!

 

家族04自分で自動車に手を加えて楽しんでいる人は多いでしょう。エアロパーツの取り付け、マフラーの交換から、エンジン回りのチューンアップまで、いくらでも手を加えるところのできるのが自動車の楽しいところでもあります。違法な改造はもちろんご法度ですが、カーショップやホームセンターなどで部品を購入してきて自分の車に取り付けたりするのは、自分だけのオリジナルの自動車を作るような楽しみがあります。

 
しかし、手を加える場合には、一つ一つ順番に行い、都度点検し効果を確認しながら行う重要です。特にエンジン回りやブレーキ、ハンドリングについては走行性能自身に影響を及ぼすので、必ず一つ一つ確認しましょう。

 
確認せずに一気に行う人は、時間が勿体ないとか、組み上げて確認して再度外すのが面倒、と思っている人も多いのですが、一気に交換して不具合が発生した場合、原因がどの場所なのか正確にわからないため結局はもう一度元に戻して一つ一つ確認しなければならなくなります。また、大丈夫と思ってもその後に異常を発見することもあり、この場合も原因の特定が非常に面倒です。

 
自動車は公道で故障した場合、自分だけでなくほかの人たちにも迷惑がかかるものです。そうならないためにも、車に手を加えるなら、一つひとつ丁寧に作業しかつ確認することが非常に重要です。

自分好みの車に仕立てよう!

自分好みの車にカスタマイズすることは、他の人とは違った個性のある自動車に仕上げることができます。しかし、装着する部品によっては違法とみなされてしまうことも多々あります。そのため、公認取得のために登録変更をしている人もいます。公認になると通常のナンバーとは違ったナンバーになるのです。例えば8ナンバーを取得した自動車は特殊用途自動車での登録となり、車検証にも特殊と記載されます。

 
このナンバーは、法改正前には保険適用の部分や車両継続検査などの面で優遇措置を受けることができたのですが、登録後に基準の装備を外して走行するなどの違法行為が発生していたために、法改正がされ審査基準が厳しくなりました。8ナンバーへの改造には、各用途に必要なパーツの取り付けをしなければならないのですが、それらのパーツを外して登録審査を受けていたのです。

 
違法な変更や法規制の範囲内であれば、構造変更等の必要な申請をすれば自分好みの自動車に仕上げることは可能です。現にモーターショーなどで展示している自動車もナンバーを取得できる車両が展示されています。車両継続検査時にだけ戻すような違法行為を行うのではなく、法律の厳守をしっかりと行うべきです。

 
審査基準をしっかりと厳守してカスタマイズを楽しむことは、車好きにとってはとても楽しい趣味なのですから。家族03

ドレスアップと性能アップで人と差をつける

自動車をドレスアップすること方法はいろいろありますが、外観も格好よくなり、しかも性能がアップする方法としてタイヤとホイールを交換する方法があります。

 
ホイールはアルミホイールにすることでまず外観がとてもよくなります。
またホイールにはいろいろなデザインがあり個性を出すことができます。
例えばスポークタイプやメッシュタイプ、フィンタイプ、ディッシュタイプなどがあり、またホイールの作り方も鍛造や鋳造、ワンピースやツーピースなどがあります。

家族02
デザインは好みの部分がありますが、車にマッチしたデザインを選ぶことでとても格好よくなります。スポーツ車ならスポークタイプや高級車ならディッシュタイプなどが一般的によく似合います。

 
アルミホイールに交換する際はもうひとつやっておきたいのがインチアップという方法です。インチアップすることで迫力がアップしてとても目立ち格好良くなるのです。

 
またインチアップすることでタイヤの扁平率を下げることになり走行性能がよくなります。例えば接地面が増えてグリップ力がアップする、コーナーリング時に路面をとらえキビキビと曲がることができハンドリングがよくなり、高速道路でも安定感がアップします。